Working Doll House
〜ショーウィンドウとドールハウスの融合〜





ショップ常時展示用のワーキング・ドールハウス(ミニチュアがショップをリアルに紹介)

↑上の写真は実際にワーキング・ドールハウスを店舗の
看板として、ショーウィンドウの中にドールハウスを設置し
ている例です。(東京都港区)


 ニューパラダイム(代表 石川保)は、本人が社長勤めるAT-TABLE(一級建築事務所)と連動で、ショップウインド継続展示用のワーキング・ドールハウスの製作を開始した。
 
経済危機にある昨今、ショップは、各客先に対し、まず店頭での差別化個性化を重視してその特徴や、ファーストインプレッションが大切になる。

同じ様なお店では、その特徴をアピールする事が難しい。
また、歴史や物語、生産手法や販売手法など、店の最大限のアピールを店頭のウインドで行なうことで、集客や話題に繋げる。とてもユニークなミニチュアモデル。

そこで、製作を開始したのがワーキング・ドールハウスである。
 
実物の1/6〜1/32程度のミニチュアで、そのお店の特徴や手法を立体的に見せるワーキング・ドールハウスである。
 
店頭ウインドのエリアに、ピッタリとしたデザインで、ドールハウス(展示ミニュチアモデル)を設計企画して、作り上げる。
客先顧客がウインドを見た時、その中のミニュチア建物(ウインド側全面が開いているの中で、ショップの特徴あるインパクトあるイメージが、精巧なミニチュアでショーアップされる。










*それぞれの実店舗の内容に合わせて、設計&デザインが可能です。
*下記のドールハウスは、ドールハウスとしては珍しい遠近感を強調したオリジナル設計です。


             下の写真の見たい箇所を↓↓クリック↓↓すると、詳細写真が出てきます。

        

                                
 
                       <製作過程>


     
    




総合連絡先:
(有)アトテーブル(一級建築士事務所 [東京都知事登録第50236号])

 http://www.at-table.jp/
〒106-0047 東京都港区南麻布5-15-14
TEL: 03-3445-4088 / FAX: 03-3445-4089
mailでの御問合せはこちら


総合企画:ニューパラダイム株式会社
 http://www.21np.jp/
東京都中央区八丁堀2-18-9
mailはこちら
 

ファッション&新商品企画:株式会社マーユ
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-4-21 
mailはこちら




      


Copyright (C) 2009 at table tamostu ishikawa All Rights Reserved.